10年後20年後の日本を見据えておすすめ投資商品を考える

イメージ

10年後20年後の日本を見据えておすすめ投資商品を考える

10年後は人気投資商品に変化が?

みなさんは投資商品を選ぶ際、何を基準にしているでしょうか?ここでは、10年後、20年後、将来性のある投資商品の選び方や、おすすめ商品についてご紹介します。

年々、日本の金融機関の金利は減る一方。銀行にお金を預けていても利息は雀の涙程度しかもらえないのが現実です。しっかり資産運用をするためには、先の日本を見据えた視点が必要となります。

減少し続ける日本の人口と投資

投資商品を選ぶ際は、誰もが「長く安定して利益が出せる商品」を選びたいと考えるものですよね。そのため、近年では不動産投資を始める方も多くなってきています。 しかし、今から不動産投資を考えるのであれば、日本の人口推移までしっかりと考慮しなければなりません。現在、日本は少子高齢化が問題になっていますが、今後は更に深刻化し、人口が大幅に減少するといわれています。

これを考えると、不動産投資は「長く安定して利益が出せる商品」ではないということがわかります。人口が減れば当然部屋を借りる人も少なくなりますし、空き部屋が増えれば損失ばかりが増えてしまい、とても効率的な投資とは呼べないのです。

安定して利益を生み出せる投資商品とは?

日本の人口に関係なく、安定して利益が出せる投資となると、多くの方は「定期預金」や「NISA」、「外貨預金」を思い浮かべるかもしれません。 定期預金やNISAは積み立てもできるため、外的な影響を受けることなく安全性が高いと言えます。しかし、利益が非常に小さく、時間をかける割に効率が悪いという懸念点があります。特に日本の金融機関は金利が圧倒的に低いですから、莫大な資金がない限り無意味といっても過言ではありません。

また、FXや仮想通貨で利益を出すという方法もありますが、先物取引はリスクが高く、知識がないまま手を出してしまうと資産を失う可能性もあります。もし利益が出せたとしても、コンスタントに利益を出すのはほぼ不可能ですから、長期的な視野で考えるとこれらも効率的な投資とは言えないのです。

太陽光発電投資のすすめ

さまざまな投資商品がある中、近年密かに注目されているのが太陽光発電投資です。太陽光発電投資とは、購入した土地に太陽光パネルを設置し、発電した電気を売ることで利益を得るというもの。そう聞くと非常に難しそうにも思えますが、近年では太陽光発電投資をまるごと請け負ってくれる業者があるため、だれでも手軽に始めることが可能です。
土地や太陽光パネルの準備、設置工事はもちろん、定期的なメンテナンスや設備点検、災害時の保証などもあり、わざわざ自分で足を運ぶ必要がありません。また、FIT法により一定期間の電力買取も定められているため、長期間で利益が見込めるとして注目されています。
最初に太陽光パネルなどを購入する必要がありますが、こういった資金はローンを利用することができますし、うまく運用すればかなり早い段階で返済を済ませることも可能。さらに太陽光発電投資は消費税還付がありますので、節税対策もできて非常におすすめです。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る