これなら手を出せる?不動産投資最初の物件

イメージ

不動産投資と聞くと、「手を出しにくい」「難しそう」「初期費用が結構必要」と考える方も多いかと思います。今現在、不動産投資で成功している人も最初は不安が沢山あったはずです。ここでは、これから不動産投資を考えている人が何から手を付ければいいのか、どのような不動産投資があるのか簡単に説明します。

不動産投資にどのくらいの時間を費やすか

会社勤めでも不動産投資は可能か

不動産投資は結構手間がかかるものです。物件選定、交渉、融資打診、運営体制の構築など時間をかけて行うことが数多くあります。個人事業として行う場合には、個人事業の開業届や青色申告届、年度末の確定申告などやらなくてはいけない手続きも沢山あります。また、不動産運営開始後にも退去への対応、物件の維持管理、修繕などなんだかんだと判断を求められたり、手を取られたりします。不動産経営の場合、対応の速さも大切になってきますので、日中の時間を自由に使えない会社員の場合は、業者に委託するのも一つの手ではあります。

業者任せにしても良いのか

会社勤めの人が不動産投資を全て自分自身で行う場合、隙間時間だけで行おうとするのはなかなか難しいものがあります。上記のように、自由時間が限られているので対応が遅れてしまったりします。そこで経営や管理を全て代わりに請け負ってくれる業者を活用するという考えもあります。その際はもちろん手数料を取られますが、融資手続きや司法書士の手配といった最初の手続きだけでなく、入居付けや物件管理、清掃・消防点検といったメンテナンス、確定申告書類作成や個人事業、青色申告などの届け出の手続きまでやってくれるところもあります。最初は不慣れなところが多いので、慣れるまでは業者に委託することも視野に入れてみるのもいいかもしれません。

狙うのは手間のかからない物件

日中は忙しく、まだまだリタイヤするのを考えていないサラリーマンの場合、最初に買うべき物件は、手間がかかり過ぎないことが大切です。この点から投資手法を絞り込んでいきましょう。

中古区分マンションは、利回りがある程度とれるのものであれば良いと思いますが、1室だけでは空室リスクが非常に怖いです。築古物件は高利回りが魅力的ですが、突発的に発生する修繕や、入居付けのためのインテリアの工夫などが必要になることが多く時間や手間がとられるのでおすすめできません。修繕してくれる業者探しや、内装デザインのコーディネーター探しから始めなくてはならないからです。

また、ご自身が住んでいるエリアから遠く離れている物件も高利回りであってもおすすめ出来ません。目が届かないということのリスクが、スキルのない初心者には大きすぎます。例えば物件に何らかの不具合や修繕の必要性が生じた場合、自身で見に行くことができなければ管理会社の言う通りに対応をするしかありません。他の解決法があったとしても、管理会社に都合の良い方法を選択せざるを得ないという事です。初心者を食い物にする悪質な業者もいるので、目の届かない土地での運営は悲惨なことになる可能性もあるのです。

新築区分マンションは利益率が高くなく、投資としての妙味がほとんどありませんが、かかる手間が少なく初心者の不動産投資入門にはいいのではないでしょうか。

王道は一棟アパート・マンション

不動産投資で王道で初心者でも始めやすいのは、地元での新築、築浅物件(一棟新築鉄骨マンションか木造アパート)投資です。築浅の範囲は、鉄骨ならば築10年以内、木造ならば5年以内の新築に近い物件を選びましょう。 新築、築浅であれば、当面の間修繕が必要になる可能性はかなり低くなるからです。さらに駅から徒歩10分以内や学校・病院近くなどといった、立地条件の良いものを狙うべきです。住民が入ってくれなければどうしようもないので、入居付けがしやすいかどうかという点が大事になってきます。

一棟買いだと初期投資にはそれなりの資金が必要となってきますが、将来的な事や利回りなどで考えた時やはり一番魅力的なのではないでしょうか。

小手調べに戸建て投資に挑戦

いきなり一棟物件を買うのが怖いという慎重な方には、とりあえず戸建て物件にチャレンジするというのも良いかもしれません。利回りはそれほどよくはありませんが、一棟物件経営に比べ手間のかからないものが多いので、大失敗をする可能性も低くなります。小さな戸建てでも、大規模一棟マンションでも、不動産投資の賃貸経営としては同じことです。

少額の戸建て投資で基礎を学び、慣れてきたら一棟物件にチャレンジするというのもいいかもしれません。

まずはしっかり勉強してから

不動産投資に関する多くの成功例や経験談を聞くと、流れに乗り遅れないようにと早く始めたくなるものです。しかし、特定の業者さんの言うことを鵜呑みにしたり、本やネット情報の投資法をそのまま踏襲したりするのはおすすめしません。投資は投資家自身の立場、属性、手持ち資金額または世界情勢や時代のニーズなど、様々な要因によって変わってきます。 ある人が成功したからと言って自分も成功するとは限りません。世間の動きや自分自身の事情も考慮しながら、自分に一番合った投資方法をしっかりと探していきましょう。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る