サラリーマンが不動産投資をするメリット

イメージ

サラリーマンの資産形成・資産運用に、不動産投資は有効な手段の一つです。特に、サラリーマンが不動産投資をすることはメリットが多いと言われています。購入にあたっては入念な準備やある程度の自己資金が欠かせませんが、毎月生み出される家賃収入は安定的に生活を資金面で潤してくれることにつながるでしょう。最近では老後の年金問題や、老後2,000万円問題に注目が集まっていますが、老後に向けた長期の資産形成をするためにも、不動産投資は一定の成果を生んでくれます。また適切な物件を売買することにより節税効果、売却益を得ている人も中にはいます。

安定収入があるので融資を引き出しやすい

個人事業主などと比べて、会社で雇用されている一般のサラリーマンは安定的に給与収入が発生するため、金融機関はお金を貸しても返済が滞りにくいとみなしています。そのため、不動産投資に必要な融資の審査が通り易いとも言われています。
銀行によって違いはありますが、融資審査上サラリーマンとしての身分が有利に働くのは東証一部上場企業のサラリーマン、公務員>非上場の大企業、東証一部以外に上場のサラリーマン>非上場の中小・零細企業のサラリーマンの順番となります。

しかし、同じサラリーマンでも歩合制の営業マンなど、給与が成績に左右される分安定的な収入をもらい続けるのが難しいとみなされる会社員は、融資審査では不利に働く場合が多いようです。

安定的な収入があり、長期的に見ればその収入が上がっていくと想定されるサラリーマンは、銀行からの信用を得やすく融資を受けやすいでしょう。その結果、不動産投資のメリットといわれるレバレッジ効果を最大化し高利益につながる可能があるという事が、サラリーマンに不動産投資をおすすめできる理由の一つです。

※参照元:ウェルスハック/メリットだけじゃない!サラリーマンが不動産投資で陥る4つの失敗パターン(https://www.musashi-corporation.com/wealthhack/real-estate-investment-office-workers

年収と物件によっては節税効果を見込むことができる

サラリーマンは給与収入に対して所得税や住民税を支払っています。この所得税・住民税の節税効果によって利益を上げられることも、サラリーマンに不動産投資をおすすめしたい理由のひとつです。不動産投資によって会計上の赤字を作り、給与所得と損益通算することによって、節税を行う事ができます。給与収入のない専業投資家などと比べた際のサラリーマンの強みと言えます。
ただ、年収が一定水準(1200万円)に達していなかったり、購入する物件を間違えたりすると節税を行う事はできませんのでご注意下さい。

管理、運営を業者に任せることができる

管理、運営を管理会社などの業者に任せることができる点も強みの一つです。例えば副業で飲食店を行う場合は、自分で経営判断をしたり動いたりする場面が多く負担も大きくなるのが一般的です。しかし不動産投資は、購入さえしてしまえば管理、運営の多くを管理会社に任せ、入退去や修繕の判断と指示、確定申告のみに時間を割けばよい為、本業の仕事に集中したいという方におすすめです。

多くのサラリーマン大家が、賃貸経営に割いている時間は月に1時間~2時間以内です。手間が多くかからないというのが不動産投資の魅力の一つです。

不動産のプロが管理、運用してくれるという面では、投資信託などとも似ています。手間は投資信託の方がかかりませんが、上記で述べた通りレバレッジ効果を活用できるのが投資信託と比べた際の不動産投資の強みです。銀行は原則として投資信託の購入資金として融資はしませんので、その点も含めて不動産投資が選びやすいとも考えられます。

値動きを四六時中追う必要がない

本業の仕事をしながらだと、株式やFXのように絶え間なく移り変わる値動きについていきながら売買で利益を積み重ねていくという事は難しいでしょう。株を購入した方の中には、株を買ってはみたものの、購入した株が下落していないか気になって仕事が手につかない…という経験をした方もいるのではないでしょうか。

不動産投資は家賃収入をもとに物件価格が決まったり、土地と建物の価値によって物件価格が決まったりします。どちらの場合でも、短期間で目まぐるしく価格が変動する、という事はありません。
長期的みると変動はありますが、価格の動きは株式や為替に比べると緩やかのため、その値動きを四六時中追う必要がなく、本業に集中できるというのが不動産投資がサラリーマンに向いている理由の一つでもあります。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る