不動産投資の目標について考える

イメージ

不動産投資を何の考えもなしに購入すると、失敗するリスクが非常に高くなります。成功率を上げる為にはきちんとした目的と目標設定が重要になってきます。

目的と目標をしっかり持っている方とそうでない方の成功率が違うという話もあるくらいです。なので、不動産投資をする目的と目標について何が大切かを解説していきます。

不動産投資で成功するカギは目標設定

不動産投資の目標設定と聞くと難しく考えてしまいがちですが、至ってシンプルなものです。目標とはあくまで目安の一つだと考えます。なので、以下の2つをしっかりと考えて投資を始めましょう。

・時期の設定(いつまでに、いつから)
・具体的な数値目標(価格、毎月の家賃など)

もちろん、不動産投資において他に価格、利回りや立地といった重要な項目がありますが、それはあくまでも購入条件にあたります。不動産投資においてより明確な目標設定をされている方の方が、そうでない方よりも成功する率が高くなります。

下記事例において、目標設定でどちらの方が将来の成功率が高くなるのか解説しいていきます。

Aさんの目標:不労所得が欲しい
Bさんの目標:65歳から毎月20万円の家賃収入を最低年間95%得たい

Bさんの方がより成功率が高いと言えるでしょう。なぜならば、Aさんの目標設定は漠然とし過ぎています。目標が漠然だと具体的な行動を起こすことができず、物件を購入する前の段階で貴重な時間をロスする可能性も高くなり、その結果達成しにくいことになります。その分、Bさんは目標設定がしっかりなされているので、何が必要か、どのような物件を購入すればよいかなど時間を無駄にすることなく行うことが出来るのです。

一方、不動産投資する目的はどうでしょうか。目標と目的をイコールに思われている方も多いようですが、目的は目標の前に決めておくべきだと思います。

目的:何のために?
目標:それを実現する為には?

上記の例で見てみると、「不労所得が欲しい」は不動産投資をする目的にあたり、「65歳から毎月20万円の家賃収入を最低年間95%得たい」は不労所得を実現するための目標になります。

どのような目的で不動産投資をするのか?

どのような目的で不動産投資をされている方がいるのでしょうか。

  1. 愛する家族への生命保険代わり
  2. 他人資本にて将来の資産形成する
  3. 税的対策の一環として購入する
  4. 高利回りで毎月の家賃収入を高く儲けたい
  5. 転売して利益を得たい

などです。

不動産投資を手段として捉えると、上記の様に目的は多岐に渡ります。その目的に沿って手段である不動産投資の物件選定が変わってくることにもなります。

例えば、(4)高利回りを狙う目的の場合は、都内の1R新築や築浅などの物件は不向きです。築古リノベーション物件、競売物件などが(4)の目的を果たすための手段としては一番だと思います。

このように、目的が異なれば購入する物件の種類も変わってきますし、購入後のフォローも異なってきます。自分の目的と違う物件を購入しても、いつまでたっても自分の目標を達成することが困難になってきます。なので、先に何のための投資なのか?目的をたてることが非常に重要になってきます。

不動産投資にもリスクがある。

投資である以上不動産投資にもリスクがあります。主な不動産投資のリスクは以下の通りです。

  • 金利の変動
  • 家賃の下落
  • 空室率の上昇
  • 出口対策のリスク
  • 支出のリスク(税金、修繕積立金、設備維持費)

リスクを極力回避することが成功のカギとなりますので、上記リスクを最小限におさえるため、自分の目的・目標を明確にし時間と手間のロスを少しでも少なくすることが大切です。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る