NISAとiDeCoを徹底比較

イメージ

NISAとiDeCoの違いとは?

近年では、NISA、つみたてNISA、iDeCo(個人型確定拠出年金)など、資産運用の際の税金面におけるメリットがある非課税投資制度がどんどんできています。それらの違いや、具体的な特徴を知ることは、より効果的に投資を行っていくことにつながります。今回は、それぞれの制度におけるポイントなどを比較していきます。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するために、2018年からスタートした非課税制度です(2018年1月からスタート)。購入できる金額や購入方法、非課税期間、購入可能な商品などは細かく指定されています。

年間投資額の上限 40万円
非課税で投資できる元本の総額 800万円(40万円×20年)
非課税で運用できる期間 最長20年間
運用できる商品 長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託
払い出し いつでも売却のうえ払い出し可能

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAの一番のメリットは、積立スタイルでの利用のみということです。積立期間は20年と長く、長期スパンで運用していくのに適しています。また、非課税で投資できる総額はNISAよりも多い、800万円までとなっています。なお、20年間積み立てなくても、いつでも現金化できるので、もしものときにも安心と言えるでしょう。

つみたてNISAのデメリット

一方でデメリットは、年間投資額の上限に達したら、それ以上の投資信託購入は枠内ではできないということです。また、枠を余らせても翌年に繰り越すことはできません。

そして購入できる投資信託も、長期投資向きのものに限られます。長くこつこつやるにはちょうどいいのですが、短期スパンでの運用には不向きであると言えるでしょう。

NISAとは

NISAは、2014年1月からはじまった、個人投資家のための税制優遇制度です。NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

年間投資額の上限 120万円
非課税で投資できる元本の総額 600万円(120万円×5年)
非課税で運用できる期間 最長5年間
運用できる商品 株・投資信託
払い出し いつでも売却のうえ払い出し可能

NISAのメリット

積立NISAと比べたときのNISAのメリットで大きいのが、個別の株式投資ができることです。ただし、定期預金などの元本保証商品には投資できません。また、投資枠は積立NISAの3倍、年間120万円までとなっています。

NISAのデメリット

NISAのデメリットとしては、非課税期間が5年間と短いことが挙げられます。また、投資できる総額も積立NISAよりは少なくなります。また、つみたてNISA同様、年間投資額の上限に達したらそれ以上の非課税枠内での投資はできず、余った枠の繰り越しもできません。

なお、NISAとつみたてNISAは2つ同時には利用できません。したがって、どちらか1つを選択することになります。自身のライフプランと合わせて、考えてみてください。

iDeCo(イデコ)とは

iDeCoは「個人型確定拠出年金」、つまり老後資金のための個人年金制度になります。自らが申し込んで掛金を拠出し、運用方法を選び、掛金とその運用益との合計額をもとに、年金として給付を受けます。掛金、運用益、給付を受け取る際には、税制上の優遇措置が講じられています。

年間投資額の上限 14.4万円〜81.6万円
最低掛金 5000円/月
非課税で運用できる期間 加入から、60歳まで(10年間延長可能)
運用できる商品 定期預金・投資信託・保険
払い出し 原則60歳以降

iDeCoのメリット

iDeCoは年金という、NISAやつみたてNISAとは全く違う性質を持った制度です。最大の違いは、原則として60歳以降にならないと引き出せないということ。ある意味、老後に確実に資金を残しておくためにはちょうどいいと言えます。また、iDeCoの場合は運用益だけでなく掛金も全額所得控除されるため、節税のメリットも受けられます。

iDeCoのデメリット

やはり、60歳までは原則引き出せないということをどう捉えるかでしょう。目先の運用益を考えるのであれば、iDeCoは不向きと言えます。資産運用というより、将来の備えをつくるための制度と考えておくのが良さそうです。

つみたてNISAとiDeCoの選び方 

これらの制度を知った上で、肝心なのはどの方法を選ぶかです。そこで肝になるのは、ご自身のライフプラン。「いつまでにいくら必要か」ということを明確にすれば、それに基づいて最適な方法を選ぶことができるでしょう。その中でポイントとなるのが、iDeCoの払い出しができるようになる60歳のタイミングです。

60歳になる前、10年以内に使うなら「定期預金」

資金が必要になるのが60歳になる前で、運用も10年以内だというのであれば、60歳以降にならないと引き出せないiDeCoはもちろん、最長20年の非課税期間があるつみたてNISAも、その恩恵をフルに受けられることにはなりません。そうした場合は、元本割れのリスクがない、定期預金などを選ぶといいでしょう。毎月自動的に入金される「定期入金サービス」などを活用するのがおすすめです。また、勤務先の「財形貯蓄」などの制度も活用していきたいところです。

また、その中で投資へのチャレンジをしたいということであれば、120万円まで非課税で投資できるNISAを選ぶといいでしょう。利益に税金がかからず、まるまる受け取ることができるというのは、投資をする上での大きなモチベーションになるはずです。

60歳になる前、10年以上後に使うなら「つみたてNISA」

住宅購入資金や教育費など、60歳より前、10年以上先に使う予定で資金を準備するなら、「つみたてNISA」がおすすめです。長期で資産運用をしつつ、60歳より前に引き出せるという、iDeCoと比べた際のつみたてNISAのメリットがここで生きます。

60歳以降まで使わないなら「iDeCo」

資産運用を老後資金の形成や、65歳以降の年金受給までの備えを目的としているのであれば、間違いなくiDeCoがおすすめです。iDeCoであれば、運用益が非課税ということに加え、掛金が所得控除になるので、現役世代にとっては節税メリットも得られます。ただし、個人での所得がない方の場合は、所得控除のメリットはないので、注意が必要です。

「iDeCo」と「つみたてNISA」の併用も視野に

なお、iDeCo、つみたてNISAは共に金額の上限があります。もし老後資金がiDeCoの積立金額の上限でも足りないということであれば、つみたてNISAとの併用を検討してみるのもいいかもしれません。

事業性の高い投資商品を扱うおすすめの3社

当サイトでは、事業として運用のしがいがある不動産投資に注目。
中でも、"楽しく"、"手間をかけずに"、"利回りが期待できる"トレンド投資商品として民泊やレンタルスペース投資が可能な転貸物件を扱う会社をピックアップしています(2021年3月31日Google検索による)。

幅広い分野の投資商品で
豊富な実績!
自分に合った投資提案!
部屋バル
  • さまざまな事業性投資商品に興味がある方へ
  • 実績がある会社から独自のノウハウを学びたい方へ

部屋バルの最新物件を見る

民泊投資を考えるなら避けては通れない情報多数
民泊物件.com
  • たくさんの物件の中から自分で吟味したい方へ
  • スマートフォンアプリで手軽に運用を始めたい方へ

民泊物件.comの最新物件を見る

都内の物件を見たい方はまずここをチェック
リスタートジャパン
  • 既に持ってる空き家を活用したい方へ
  • 東京23区内の物件で投資を考えている方へ

リスタートジャパンの最新物件を見る