60代の資産運用

60代

65歳までの 目標貯金額

夫婦で 3,000万円

平均月収/平均貯金額

29万円1,300万円

平均的な60代のお金事情

多くの人が定年を迎える60代、ここから老後生活がスタートします。

60代は、ほとんどの方が定年を迎えて、老後と呼ばれる生活がスタートします。収入のメインが公的年金となりますので、現役時代よりも収入額は減ってしまいます。住宅ローンや教育費など、これまで大きなウェイトを占めていた支出は減りますが、生活費や医療費など必要な支出はまだまだあります。これまでの貯蓄や資産運用を上手に組み合わせ、年金にプラスの余裕が求められます。

60代資産運用を始めるのなら
~失敗しないためのポイント~

60代での資産運用を成功させるには

60代での
投資のメリット

  • 退職金などまとまったお金が手元に入る。
  • 仕事の時間を資産運用に当てられる。
  • 公的年金にプラスの収入が得られる。

60代から資産運用をするメリットは、なんといっても年金にプラスの収入が得られるという点です。年金だけでは赤字になる可能性が高く、豊かな老後の生活を送るためには、貯蓄プラス運用でお金の余裕を目指しましょう。

60代での投資で
気をつけるべきポイント

  • 安定性の高い資産運用商品を選ぶ。
  • ハイリスクな商品はできるだけ避ける。
  • 儲け話には裏があるとして乗らない。

収入のメインが年金となる60代での投資では、利益の高いハイリスクな商品につぎ込むことは厳禁です。取り戻すことはほぼ不可能ですから、安定重視をポイントにしましょう。また、老後資金を狙った詐欺商法にも注意が必要です。

結論あまり欲張らないのがポイント。
マネープランをしっかり立てて豊かな老後生活を。

年金がメインとなる老後生活を豊かにするためには、これまでの資産状況を把握し、どのように使っていくかマネープランをしっかり立てることが重要なようです。あまり利益を欲張らず、安定した資産運用を心がけましょう。

60代からの生活に必要な資金の把握

投資を始める前に確認しておきたいのが、「手元にどれだけの資産があるのか」ということです。預貯金や退職金だけでなく、不動産などについてもまとめて一覧表を作りましょう。次に、その資産を以下の「3つの資金」に分類します。

生活に必要な資金

最初に、食費、光熱費、通信費、医療費など、毎日の生活にかかるお金を確保します。車の経費や住宅ローンなどもこのお金に含めてください。こうした生活費は日常的に必要になるものですから、引き出しが簡単な預貯金として管理しましょう。

緊急時に備える資金

入院や車の買い替え、家のリフォーム、冠婚葬祭など、いざというときに必要なお金です。生活費の4か月前後を目安に用意しておきましょう。運用には、元本が保証される定期預金を利用するのがおすすめです。

余裕のある資金

生活費や緊急時のための資金を除いた資産が、「余裕資金」です。余裕資金を投資に回すことで、定年後にも年金以外の収入源を持つことができます。定年後の時間を投資の勉強に回すことで、より充実した毎日を送ることができるでしょう。

60代での資産運用の考え方

60代はキャッシュフローを重視

50代までは、60代以降の老後資金を貯めることを意識した資産運用が基本です。しかし、すでに老後に入っている60代以降では、「資金を貯める」というよりは、お金を使う、キャッシュフローを重視した運用が必要になります。

そのためにはまず、毎月分配のある投資先を利用するのがおすすめです。ただし、このような投資はリスクが高めであるという特徴も。あくまでも投資先の一部として利用し、余裕資金をすべてつぎ込んだり、分配資金を再投資したりすることは避けてください。

60代は老後の生活の入り口です。その後、70代、80代以降と、老後のステージは進んでいきます。20年先を見据えた貯蓄を残しつつ、元気で時間のある60代のうちに資産を使うという、バランスのとれた配分を意識しましょう。

リスクを抑えた運用を心がける

60代からの資産運用では、「残すお金と使うお金」について考えることが大切です。老後は、これまでに築いた資産を切り崩していく生活に入る方がほとんど。人生を終えるまでに資産を使い切ってしまうことがあってはいけません。老後の生活を維持するために必要なお金を把握して、不足が出ないようにしましょう。

その上で、リスクの少ない投資先に投資して、資産運用を続けていくことも重要です。タンスに入れておくだけでお金が増えることはありませんが、資産運用をすれば少しずつでも手元資金を増やすことができます。リスクのない投資をメインに、余剰資金の1割前後をリスクのある投資に利用していくのがおすすめです。

60代ならではの投資先の選び方

リスクの低い投資信託を選ぶ

60代で定年を迎えても、最近では再就職を果たして働き続ける人も少なくありませんが、やはり働き盛りの時より収入は落ちますし、何より年金だけが収入となる人がほとんどでしょう。そのため、若いころのように損失をリカバーすることが難しくなります。
また、自営業など厚生年金に加入していなかった場合や、加入状況によっては満額受け取れないこともあるので、年金だけで生活するのも苦しい状況となることもあります。

そういった年金だけでは生活できない時のために、若いころから投資を続けている人も多いのですが、若いころには金銭的や時間的な余裕がなく、投資を始められないこともあるでしょう。
そういった場合、60代になって初めて投資を始めるということも、決して不可能ではありません。

ただ、どうしても収入の面で不安がありますので、投資を始めるのならば、マイナスとならないようリスクを極力抑えられるものを選ぶようにしましょう。
60代の場合、若いころのように投資に何十年もかけられないのが現実です。短期間で利益を出す方法と言えば、株式投資が挙げられますが、初心者には難しいことも多くリスクも高いので、一人で始めるのは少し不安があります。
そんな時に頼りになるのが投資信託です。大事な資金を専門家に任せて運用してもらえるので、リスクを減らすことにつながります。
特に、ひとつの商品に集中させるのではなく、少額の資金を株式や債券など複数の商品に分散させることによって、さらにリスクを抑えることができるバランスファンドがおすすめです。

退職金を活用して投資する

60代になって定年を迎えると、働くことによる安定した収入は得られなくなりますが、長年働いてきたことに対する功績である退職金を受け取ることができます。
退職金は職種や勤続年数によっても異なりますが、毎月の給与よりも高額になることが多く、まとまったお金を一度に手にすることができます。
これまで投資をしたくても始められなかったのなら、この退職金を元手に投資を始めることもできるでしょう。
ただ、退職金はこれからの老後生活の大切な資金となりますので、全額投資に突っ込むのは危険です。
生活のための費用は残しておいて、なるべく投資先は分散させ、リスクを抑えながら始めてみましょう。
不動産投資を始めたいのならば、退職金を不動産の購入資金に充てることも可能になるので、投資先の選択肢は広がります。

不動産など現金以外の資産も運用させる

定年になると、今後の給与所得が望めないため、投資は難しいと考えるかもしれませんが、投資の元手となるのは、現金だけとは限りません。
もっとも大きな資産となるのが、不動産です。
売却して現金に換えることができるのはもちろんですが、土地でも家屋でも、賃貸として貸し出して家賃や賃料の収入を得ることができます。

たとえば、もともと家族で住んでいた広い家を売却して、夫婦二人で小さめのマンションに住んだり、相続として受け継いだものの利用方法がない不動産を貸し出すなど、60代だからこそできる活用法が増えてきます。
特に、相続して使い道がない不動産は、持っているだけでも税金がかかってきますので、持て余している土地や建物があるのなら、積極的に不動産投資を行なうべきでしょう。

そのままでは売れにくい不動産の場合は、専門の業者に買い取ってもらうこともできますし、リフォームして売り出すことで高値で売却することも可能です。
土地の場合は駐車場にして貸し出したり、新たに建物を建てて賃貸物件にすれば長期的に安定した収入を得ることができます。
賃貸として貸し出す場合、自分で管理することもできますが、入居希望者の募集や空き室対策、家賃回収など面倒なことも多いため、管理業者に依頼して確実に家賃収入を得ることをおすすめします。

60代ならこの方法
資産運用

株式投資

具体的な
資産運用
将来的に資産として子どもに残せる
ニッセイアセットマネジメント
年間に必要な資金

200万円

10年で貯められる予想金額

264万円

投資のポイント
  • 単なる投資としてではなく資産として所有できる
  • 様々な株主優待を活用できる
  • リスクはあるが、短期間で大きなリターンを得られることも
投資内容

株式投資というとリスクも大きく、避けたいという人も多いかと思います。ただ最近では、高い配当を狙うよりも「株主優待」などの特典を狙って、購入される方もいるようです。ニッセイアセットマネジメントでは、お客様のニーズに合った商品の提案をしているので、こちらの希望を伝えた上で資産運用のプロのサポートが受けられるのが魅力です。

太陽光発電

具体的な
資産運用
最近の時世に合わせた投資方法
SBIソーラー
年間に必要な資金

2,545万円

10年で貯められる予想金額

5,494万円

投資のポイント
  • 20年間の売電価格保証がある
  • グリーン投資減税対象などの恩恵を受けられる
  • 土地や大きな屋根を持っていない場合でも投資ができる
投資内容

太陽光発電投資は、発電した電気を売電することで収入を得ていく資産運用方法です。20年間の売電価格保証があり、グリーン投資減税対象などの特徴があります。SBIソーラーでは、個人宅や会社の建物にソーラーパネルを倒置して太陽光発電事業を始める他、土地を持たない方でも参加できる、投資用太陽光発電の商品も提供しています。

不動産投資

具体的な
資産運用
不動産を所有することで相続対策を
シノケンハーモニー
年間に必要な資金

2,550万円

10年で貯められる予想金額

3,200万円

投資のポイント
  • 家賃収入は長期にわたって安定した収入源となる
  • 税金対策・相続税対策として物件を所有する価値がある
  • ローンを組まなくても物件が購入できるプランもある
投資内容

マンション経営による家賃収入は、長期にわたり安定した収入源となる期待が持てます。必要な資金を残し、なおかつローンを組まずとも物件購入が可能であれば、チャレンジするのも良いかもしれません。シノケンハーモニーでは、空室リスクを減少するための保証などが提案されており、初めての方でも相談しやすくなっています。将来的な相続対策としても有効です。

1年間100万円で資産運用した場合どれだけ利益になるのか

みんなで大家さん
(投資信託)
みんなで大家さん
利益107.5万
収益源となる家賃は固定費で、元本割れを起こす心配もなく、安定した資産運用が可能。
ゆうちょ銀行
(国債)
ゆうちょ銀行
利益100.5万
国債は日本国政府が元本と利子の支払いをおこなうため、安全性の高い金融商品。
田中貴金属工業
(純金積立)
田中貴金属工業
利益107万
田中貴金属工業は世界的にも認められた貴金属ブランドで、取り扱う貴金属の品質がとても高い。

↑