資産運用のプロが伝授するお金の増やし方ガイド » リスク&リターンごとに資産運用の種類を紹介 » 中リスク・ミドル~ハイリターン

中リスクミドル~ハイリターン

中リスク・ミドル~ハイリターン

初心者から一歩進んだ資産運用

中リスク・ミドル~ハイリターンの資産運用は、低リスクな方法に比べ元本割れなどのリスクが増えますが、その分高いリターンも期待できるようになるのが特徴。そのため、初心者から一歩進んだ資産運用法と言えます。

こんな方にオススメ

  • 短期間でもしっかり投資したい
  • 投資のための元手が潤沢
  • 高すぎるリスクは取りたくない

メリット

  • 短期間でもしっかりとした資産を形成できる
  • 投資について専門的な知識が身についていく

デメリット

  • 元本割れの保証はなく常にリスクを気にする必要がある
  • 見合ったリターンがあるか見極めるのに時間を要する

中リスク・ミドル~ハイリターン
投資方法まとめ

投資方法不動産投資

不動産売買で資産を増やす。家賃収入で安定した利益も可能な資産運用。

不動産投資とは、マンションなど特定の不動産に投資をおこなうことで、資産を増やしていく運用方法です。投資した不動産を売買することによる大きな収益や、家賃収入による長期的で安定した利益を得ることが期待できます。しかし一方で、不動産価格の下落や空室リスクなどにより、損益が出る危険性が高い商品でもあります。

具体的な投資先
マンション経営で資産運用
シノケンハーモニー
シノケンハーモニー

画像引用元:シノケンハーモニー
(http://www.fudosantoushi.jp/)

2,550万円で30年運用した場合
スタート 1年目 10年目 30年目
2,550万円
利率
-88%
320万円
利率
25%
3,200万円
利率
276%
9,600万円
マンション物件を購入して賃貸経営をしていく資産運用法。

シノケンハーモニーが提供する不動産投資は、マンション物件を購入しそれを賃貸として貸し出すことで、家賃収入を得ていくシステムになっています。変動が少なく長期の安定した収入が期待できる反面空室リスクが挙げられますが、こちらの会社では「35年間空室保証」を設定するなど、不動産投資のリスク軽減に努めています。

投資方法太陽光発電

土地付き太陽光発電投資の商品も。平均10%前後の高利回りが魅力k

土地付き物件であれば土地が無くても気軽に始められる太陽光発電投資。しかし、しっかり下調べをしないと設備や補償で元が取れないどころか…というケースに陥る場合も。土地付きで売られているところは比較的好条件が多い中、本当にこの投資を考えているのであればこの事業に根付いた業者選びが必要となります。

具体的な投資先
土地付きの太陽光発電投資
Qvou
Qvou

画像引用元:Qvou
(https://qvou.com/)

3,000万円で30年運用した場合
スタート 1年目 10年目 30年目
3,000万円
利率
9.5%
3,285万円
利率
9.5%
5,850万円
利率
9.5%
11,550万円
太陽光パネルで電気を生み出し発電した電気を売る、太陽光発電投資

太陽光発電投資の最大の魅力は売電価格がFIT法という国の法律で20年間保証されている点。そのため、投資方法としては比較的安全といえますが、高額商品のためリスクがないとは言い切れません。太陽光に限らず、高額の投資を考えている場合は、自分自身のお金の知識を高めておくことも必要となります。

投資方法債券

商品によってはより大きなリターンが期待できる可能性も。

債券とは、国内以外の企業が発行する社債や、地方公共団体が発行する地方債のことです。銀行預金よりも利回りが良いため、長期の運用に適していますが、外貨建て社債など為替変動のメリットなどにより大きなリターンも期待できる運用方法です。しかし、発行する企業の信用によって成り立つ方法ですので、経営状態の悪化などのリスクも高い商品です。

具体的な投資先
投資のプロフェッショナルが対応
ニッセイアセットマネジメント
ニッセイアセットマネジメント

画像引用元:ニッセイアセットマネジメント
(http://www.nam.co.jp/)

1,000万円30年運用した場合
スタート 1年目 10年目 30年目
1,000万円
利率
3.2%
1,032万円
利率
3.2%
1,320万円
利率
3.2%
2,570万円
国内外の債券に投資し、高い利回りで利益を増やしていく方法。

債券に対する投資は、銀行預金よりも利率が良く為替変動の高リターンも期待できる商品です。ただ、景気や経済状況・債券発行元の信用で価格が変動しやすいため、ニッセイアセットマネジメントでは幅広い銘柄に分散投資をおこなうなどして、信用リスクをコントロールして運用収益の安定を図るなど、リスク対応をしています。

プロに聞いた! 目からウロコの運用術 お金を増やす投資の選び方
あなたの職業や立場はどれ?職業・立場にあった
資産運用をお教えします!